ロジテムグループについて About Us

  • ホーム
  •  > ロジテムグループについて

東南アジア物流のパイオニア「ロジテム」お客様と共にグループ一丸、更なる躍進を目指します。

アジア6カ国・地域(ベトナム、タイ、ラオス、ミャンマー、中国、香港、台湾)に、お客様のグローバル展開を総合的にバックアップしています。豊富な経験とノウハウをもとに、お客様のサプライチェーンに沿った総合的なソリューションをご提案。アジアにおける物流のリーディングカンパニーを目指し、積極的な営業展開を推進しています。

~発展・拡大~

ロジテムグループは1994年に日系物流企業としていち早くベトナムへ進出し、旅客運送事業を中心とした「ロジテムベトナムNO.1(LV1)」と、総合物流事業を中心とした「ロジテムベトナムNO.2(LV2)」を設立。以来、ベトナムへ進出する日系企業の増加とベトナムの急速な経済成長を追い風に、着実に業績を伸ばしてまいりました。
その後も、物流関連の業務拡大を背景に「ロジテムベトナム(LVC)」(2006年)を、べトナム各社の統括管理と効率的な経営体制の強化を目的に「ロジテムベトナムホールディングス(LVH)」(2008年)を創業。2012年には貿易ライセンスをもつ「ロジテムベトナムトレーディング(LVT)」を立ち上げたことにより、物流と商流のワンストップサービスを可能にしています。さらに2016年には、冷蔵・冷凍倉庫を持つ「CLKコールドストレージ」を新設するなど、ベトナムへ進出する日系企業を幅広い事業からサポート致します。
現在、ベトナム国内に7社の現地法人と、のべ2000名を超えるスタッフを擁し、日々お客様のニーズにお応えすべく取組んでいます。
ロジテムグループが提供するのは、ベトナム一国内での物流サービスにとどまりません。台湾、上海、香港、タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジアと、アジア7ヵ国に現地法人を設置しております。このように日本ロジテムは、日本を含む東アジアと東南アジアにおけるお客様の事業を、点ではなく面でサポートして参ります。

こんな時ご相談ください

東南アジア進出

拠点間配送から小口配送までオールインワン

進出検討時の物流コスト算出からサポート致します。
ご赴任・ご帰任時の引越しもお任せください

知らない土地への赴任・帰任、それにともなう引越しには、何かと不安がつきものです。弊社では、日本人スタッフがお客様のニーズに合った引越しプランをご提案。長年ベトナムで培ったノウハウをベースに、徹底した教育を受けたスタッフが親切・丁寧なサービスをご提供します。

物流品質の向上

自社保税倉庫からベトナム、各国への輸送を実現

拠点間配送から小口配送までオールインワン

「ハノイ」「ハイフォン」「ダナン」「ホーチミン」といったベトナムの主要都市に、日系企業では最大規模の国内用倉庫、保税倉庫、及び車両を保有。それにより、ベトナム全土での高品質な総合物流サービスの提供が可能となりました。原料輸入から工場内業務、製品輸出、国内調達輸送に至るまで、物流品質の向上にお応えいたします。

物流コストダウン

ご赴任・ご帰任時の住居手配・引越しもお任せください

保税倉庫の有効活用やミルクラン、共同配送にも対応

海外荷主様の貨物を、保税倉庫に保管。クライアントからのオーダーによって、原材料やパーツをベトナム国内の各地工場へジャストインタイムでの納品が可能です。緊急納品対応による航空費用等の削減が可能です。
ミルクラン輸送や共同配送の導入など、物流コストダウンをご検討の際にはご相談ください。

国際陸上輸送の可能性とロジテムグループの戦略

東南アジア諸国連合(ASEAN)は、2015年末のASEAN経済共同体(AEC)の設立に象徴されるように、域内統合を進める取組みを近年加速させています。1992年のASEAN自由貿易地域(AFTA)、2008年のASEAN物品貿易協定(ATIGA)の採択により、段階的に関税引き下げが進められてきましたが、2015年にはついに原則域内関税が撤廃されることとなりました。
また、ASEAN域内では東西経済回廊や南部経済回廊などの陸上インフラ整備によって中国・ベトナム・タイ・ラオス・カンボジア等の近隣諸国間のアクセスが向上しつつあります。2015年にはカンボジア、メコン河に「つばさ橋」(Spien Tsubasa)が完成したことで、タイ―カンボジア―ベトナム間のトラック輸送が劇的に向上しました。このような、ソフト・ハードの両面においてのインフラ整備が進むことにより、今後も国境を越えたASEAN域内の貿易量増加は必至であり、地域全体を“面”で捉えた物流を検討する必要があります。
ロジテムグループの海外展開の歴史は1988年設立の「ロジテム台湾」に始まります。続いて92年には香港およびタイに、94年にはベトナムにと、中華圏・東南アジアでのビジネス展開を早くから行ってまいりました。現在は台湾・香港・上海・東南アジア各地に配置した14社のグループ企業間で綿密な連携を行い、国境を越えた輸送サービスを提供しております。
事業内容も貨物輸送だけではなく、旅客輸送、不動産業、小売業など、その国に合ったスタイルの事業を展開しながら様々なノウハウを蓄積しております。
さらにハード面では2016年7月、ベトナム合弁法人による3温度帯倉庫の稼働開始が決定しております。輸送可能地域だけではなく、輸送可能品目の拡張も日々目指しております。
国際協力銀行による海外直接投資アンケート(2015)では、食品業界の27社中26社(96.3%)が「海外事業を強化・拡大」したいと回答していますので、たとえば食品のように厳しい品質管理を必要とするお品物を東南アジアに輸送したいと考えていらっしゃる企業様も、温度管理倉庫をはじめとしたロジテムおよび関連企業の設備と、長らく海外で培った経験を以てトータルサポートいたします。

─ 東西経済回廊 ─

東西経済回廊とは,ベトナムのダナンからラオス・タイを経由してミャンマーのモーラミャインにわたる4か国、約1,500kmを東西に結ぶ国際道路を指します。
ロジテムグループはこの東西経済回廊の一部を利用し、ベトナム~ラオス~タイ間の混載便定期輸送サービスを提供しております。

Contents

現地ハイヤーサービス Car hire service

現地ハイヤーサービス Car hire service

ベトナム / ミャンマーでの安全な移動は、当社のハイヤーサービスをご利用ください。

詳しくはこちら

料金表(PDF)